統合失調症治療薬の種類(抗精神病薬の商品名リストの一覧)について。統合失調症治療に使用される抗精神病薬は、定型抗精神病薬と非定型抗精神病薬にわけられます

統合失調症とは

統合失調症の治療薬について

抗精神病薬は、「定型抗精神病薬」と「非定型抗精神病薬」の2種類に分けられます

定型抗精神病薬と非定型抗精神病薬の違い

「定型抗精神病薬」は、第一世代の薬物群。それ以降に開発された薬物群が「非定型抗精神病薬」で、現在はこちらが主流の治療薬になっています。抗精神病薬は、新しい薬ほど副作用がすくなくなります。定型と非定型の違いは、おおまかにいえば、非定型のほうが脳内の多様な受容体に作用するところにあります。

非定型抗精神病薬のSDAとMARTAについて

非定型抗精神病薬は、その作両用の違いから、【SDA】と【MARTA】に分けられます。

SDA

SDAとは、神経伝達物質の中の、セロトニンとドーパミンの受容体を遮断するように働く薬ですSDAタイプの抗精神病薬として日本で使用可能な薬には、リスぺリドンとペロスピロンがあります。このSDAは、セロトニンの受容体への遮断作用が強く、セロトニンにより調節されるドーパミンの放出が促されるため、錐体外路症状の副作用が少ない薬になります。前頭野皮質のドーパミン活性が高くなり、陰性症状が改善する効果があります。

MARTA

ドーパミンとセロトニンの受容体以外にも、様々な神経伝達物質の受容体にくっついて伝達物質の作用を遮断する薬ですMARTAタイプの抗精神病薬として日本で使用可能な薬は、オランザピンとフマル酸クエチアピンがあります。MARTAは、プロラクチンが上昇しにくくなるため、女性では月経不順などが起こりにくくなります。さらに、前頭葉を活性化して、陰性症状や認知(思考)機能の改善にも効果があるとされます。

抗精神病薬の商品名リスト一覧


分類 薬品名 商品名
定型抗精神病薬 フェノチアジン系 クロルプロマジン コトミン、ウインタミン
レボメプロマジン ヒルミナン、ソフミン、レボトミン
チオリダジン メレリル
プロペリシアジン ニューレプチン、アパミン
ペルフェナジン ピーゼットシー、トリオミン、トリラホン
トリフロペラジンマレイン酸塩 トリフロペラジン
フルフェナジン フルメジン
ブチロフェノン系 ハロペリドール セレネース、ケセラン、ハロステン、リントン
ブロムペリドール インプロメン
非定型抗精神病薬 SDA リスペリドン リスパダール
ペロスピロン ルーラン
MARTA オランザピン ジプレキサ


その他 ゾテピン ロシゾピロン、ロドピン
スルピリド ドグマチール、アビリット、ミラドール

その他、統合失調症治療に使用される薬剤

統合失調症の治療には、抗精神病薬の足りない部分を補う薬剤が使用されます

抗てんかん薬
てんかんの薬ですが、統合失調症の治療のケースでは、イライラや異常興奮を抑制するために処方されます。
抗不安薬
不安や緊張を選択的に除去、または軽減するために使うのが抗不安薬です。抗不安薬のヒドロキシジンは、抗精神病薬の副作用であるアカシジアの改善に抗不安薬が処方される事がありますベンゾジアゼピン系の抗不安薬が現在の薬剤の主流になります。
抗パーキンソン薬
抗精神病薬の副作用で、錐体外路症状が出た患者さんには、杭パーキンソン薬のビペリデンやプロメタジンなどが使われます。
睡眠薬
睡眠薬【睡眠導入剤】は、不眠状態や睡眠が必要な状態に用いる薬で、睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くするなどの作用があります
緩下剤(かんげざい)
緩下剤は、便秘解消のために使用される薬になります。作用が弱め、緩やかな下剤のことで、塩類下剤、膨張性下剤、刺激性下剤に大きく分けられます。