統合失調症の原因には、遺伝的要因、ストレス、体質、などの原因が組み合わさることにより統合失調症を発症すると考えられています

統合失調症とは

統合失調症原因

統合失調症の原因は決定的にはまだ解明されていません

統合失調症の原因

統合失調症の原因と考えられている4つの説

母胎にいたときのウイルス感染
分娩時の外傷なおによる何らかの障害
生まれ持った要因(体質など)
社会的要因(ストレスなど)

統合失調症を引き起こす根本的な原因は解っていません。おおむね認められているのは、上記の4つの原因の組み合わせになります。
したがって、原因は1つではなく、いくつか組み合わさり統合失調症が発症すると思われていますので、組み合わせの要素が1つでも欠ければ統合失調症は起こらないのであれば、その1つを取り除くようにすれば、統合失調症は防げます。

遺伝と統合失調症について

統合失調症は一般的に発病率は0・7~1・0%とされていますが、父母のいずれかが統合失調症の場合、子供の発病率は10~12%。両親とも統合失調症のときの発病率は、さらに高く48%程度になります。このように統合失調症の発症には、遺伝が関係しています。

ストレスと統合失調症について

ストレスは統合失調症を引き起こす直接の原因にはなりません

統合失調症は、心理的、社会的ストレスが重なると発病する場合がありますが、たとえそれがどんなに過酷なストレスであっても、ストレスは統合失調症を引き起こす直接の原因にはなりません。非常に強いストレスから、不安障害、うつ病、薬物乱用といった精神症状の誘因にはなりえますが、統合失調症はこういったストレスだけでは発症しません。しかしながら、統合失調症の再発にはストレスが影響します。中でも家族や友人など、周囲の人との緊張関係は再発率を高めることが認められています。

スポンサードリンク