デイケアについて

車いすと医者デイケアとは、医療と社会との間にあり、患者さんが手芸、園芸、陶芸、創作、スポーツ、料理などのグループ活動に参加しながら、徐々に社会復帰への足慣らしを行う事を目的に、自宅から通える医療と社会の中間的な社会参加の場所のことを言います。デイケアを行っているのは、病院、診療所(精神科クリニック)、精神保健福祉センター、保健所などになり、サービスの曜日や時間帯、プログラムなどさまざまなのです。継続的にデイケアに通うことで、自宅に閉じこもりきりにならずにほどよい社会参加ができ、また規則的な生活が送れるようになることも重要な点です。

デイケアの様々な形態

デイケアには、1.治療型 2.訓練型 3.生活支援型 などがあります。 自分に合ったデイケアを見つける事も大切になります。

プログラム
スポーツ、レクリエーション、話し合い、料理、手芸、園芸、陶芸、創作、生活技能訓練(SST)、季節の行事など
場所
病院、診療所(精神科クリニック)、精神保健福祉センター、保健所
利用時間
病院で行われているデイケアは、だいたい1日6時間、週3~6日程度
規模
大規模デイケア(1日50~70人)と、小規模デイケア(1日30人以内)があります。規模によって、医療費の点数が変わります。
費用
保健所では無料ですが、その他の施設では医療費の個人負担があります。自己負担は、たとえば国民健康保険の本人・家族の場合は3割ですが、精神科通院医療費公費負担制度を利用すると0・5割(5%、大規模デイケアで1日370円)になります。
利用期限
施設によってさまざまですが、特に期限を設けないところもふえています。デイケアを必要とする期間は、人によって違ってきます。
窓口
①主治医と相談して適当な場所を探してもらう、②地元の保健所会などで地域の施設を紹介してもらう、③精神保健福祉センターで紹介してもらう、といった方法があります。

医療機関のデイケアは医療保険の対象になりますので、通院公費医療費負担制度が利用できます。


スポンサードリンク