抗精神病薬のひとつ【フルフェナジン】の効果と効能について

統合失調症とは

フルフェナジン【抗精神病薬】

強力なドーパミン受容体遮断作用があり、弱いながらもセロトニン、アドレナリン、ムスカリン性アセチルコリンなどの受容体遮断作用もあります。主要な向精神病薬のひとつです。ハロペリドールと同じような、強力な抗精神病作用があります。幻覚や妄想、不安・緊張感に有効です。

商品名

フルメジン

処方

陽性症状が主体の急性期によく使われ、また急性期から慢性期にみられる陽性症状、陰性症状などの改善に広く使われます。

副作用

としてあらわれやすいのは、錐体外路症状、口の渇き、便秘など。抗パーキンソン薬や、はかの薬への変更で対処は可能です。