統合失調症の任意入院と強制的入院

受診から入院までの家族の基本的な対応

①主治医へ相談
入院に対して抵抗を示しているようであれば、まず主治医に相談が大切になります。
②入院を無理強いはしない
入院の無理強いをしないことも大切になりますが、受診が遅れたことにより問題(自殺未遂など)が起こっているのも事実です。
③根気よく説得
入院を根気強く、無理をしない程度に説得する事も大切です。本人の病気に対する理解を深めることも大切です。

精神科の入院制度

精神科の入院制度には、任意入院、措置入院、医療保護入院、応急入院および仮入院があります

任意入院

任意入院は、名前の通り、本人の同意に基づく入院です。一般医療における自由入院とのちがいは、本人が退院を希望した場合でも、精神保健指定医が入院の継続が必要と診断する場合には、入院治療の必要性を説明したり、今後の治療について家族等との連絡、調整などに当てたりするために72時間に限り退院を制限できます。

措置入院

措置入院は、入院させなければ自傷他害(自分を傷つけたり、他人に危害を加える)のおそれのある精神障害者に対して、都道府県知事の権限で行われる入院です。措置入院は、医療と保護に関して、とくに慎重かつ適切な判断が求められる入院形態であると言えます。

医療保護入院

医療保護入院は、精神保健指定医が診察し、精神障害者の医療および保護のために入院が必要と判断されますが、本人の同意が得られない場合、保護者が代わりに入院に同意したときに限り行われる入院です。

応急入院

応急入院は、精神保健指定医が直ちに本人を入院させると判断する場合で、本人および保護者の同意が得られない場合に行われる入院です。

仮入院

仮入院とは、精神保健指定医が診察の結果、精神障害の疑いがあって、その診断に相当の時日を要すると認める者を、その後見人、配偶者または親権者、その他扶養義務者の同意がある場合に、本人の同意がなくとも、一週間を越えない期間入院させるものです。

スポンサードリンク