精神病の原因

心は脳の細胞が働いた結果である

精神病の原因

精神病の原因は大きく分けて、①器質性、②心因性、③内因性の3つです

器質性の精神病

脳や体の障害(病気)が原因で起こる精神病です。
脳に腫瘍ができたり、脳血管に障害が起きたり、事故で頭にケガをした場合。甲状腺などの内分泌異常が起こった場合。
また、覚せい剤や麻薬などを使用しても精神症状が起こります。覚せい剤による症状は、統合失調症の場合とよく似ていて、区別が難しいとされます。

心因性の精神病

心理的な原因で、精神病状態になることがあります。原因となるのは、大きな事故や災害にあう、最愛の家族や友人を失う、虐待やいじめを受ける、生死を分けるような体験をするなど、人によってさまざまです。

心因性の精神症状の特徴

心因性の精神症状は、精神症状を引き起こす原因(心因)があり、その原因が解消されると症状も消えます。心因性の精神病にも、統合失調症と見分けがつかない、心因反応、短期反応性精神病というものがあるので、気をつける必要があります。

内因性の精神病

内因性の精神病の代表的なものが、統合失調症と躁うつ病です

内因性とは、いまのところ原因が見つかっていないことを意味します。

精神病を知るポイント

心を病むと、意識や記憶、知能、感情、意欲、自我など、さまざまな側面に障害があらわれますが、主に出るのが知覚や思考の障害です。

①知覚の障害

幻覚
実際には存在しない五感の知覚
幻聴
存在しない人の声が聞こえるなど
幻視
見えないものが見える

②思考の障害

まとまった思考が出来ない
話が「支離滅裂」
考えている途中で、誰かが別の考えを吹き込んできたように感じたりする。
論理的にはまちがっていることを正しいと確信してしまう「妄想」

スポンサードリンク