統合失調症とは、精神疾患のひとつで2002年までは精神分裂病と呼ばれていました。精神分裂病の語源と名称変更の経緯について

統合失調症とは

統合失調症と精神分裂病について

道精神分裂病という病名は、1937年から使われてきましたが、【統合失調症】へと病名が2002年8月より変更されました。統合失調症へと名称変更に至った経緯には、【精神分裂病】という病名から連想されるイメージや、病名からくる病気に対する誤解から人格を否定してしまうよう病名ということから、1993年に全国精神障害者家族会連合会が、日本精神神経学会に変更を要望したことが病名変更のキッカケになります。
統合失調症と名前がつけられたのは、統合失調症の病気の本質に「物事の考えをつなげる働き」に障害が起こる事が原因になっているためです。

精神分裂病の語源

精神分裂病という名前は、英語のSchiNOphrenia(スキゾプレニア)という言葉を訳したもので、言葉の意味は「物事の考えをつなげる働きが障害されている」になります。

精神分裂病の治療の歴史と病名変更

統合失調症は、1950年代に有効な治療薬が発見されましたが、有効な治療薬がない時代では重症の患者さんになると病院に収容されるしかない状態でした。
現在では、統合失調症は、副作用の少ない新しい抗精神病薬が開発され、統合失調症の症状がコントロールできるようになり、心理的、社会的なケアも進み、過半数の患者さんが統合失調症から回復可能になっています。
医学が進んでいるのに、精神分裂病という名前だけが、70年近く前に定められた当時のイメージを引きずり、誤解を招いていました。それが、統合失調症に変わってようやく現代の精神医療に則した名前に変更されました。

スポンサードリンク