精神科への入院や診察の患者さんへの勧め方と注意点について

統合失調症とは

入院のすすめ方と注意点【統合失調症症状と診断】

統合失調症は、一般的に患者さんが入院を拒む時ほど重症になっているケースが多いため、家族の方が心の病気の前兆に気がついたときに、いかに精神科や心療内科の受診を進めるのかがポイントになります。

家族家族の方が精神科への診察や入院を希望されるケースで問題になるのが、本人をいかに入院させるかという事です。様々な方法や注意点がありますが、重要なポイントは言葉の言い回しになります。どんな事でもそうですが、ダイレクトに精神病院へと話をしても、患者は尻込みしてしまうとおもいます。そのため、治療の必要があるのか分からないが、ただ心配でしかたないので、心配を解消するためにも一度専門家の診察を受けてほしいというように、【自分が安心】にフォーカスして話しを患者さんにされると良いと思います。また、周囲の方が問題にしている部分と、患者さんが気にかけている部分が異なるケースでは、患者さんが困っている症状でまず受診させ、診察に当たった医師に入院の必要性について判断してもらうという方法も有効です。それでもなかなか診察を受診してくれなかったり、入院を拒む場合には、家族のみが精神科へ相談へ行き、アドバイスをもらうという方法もあります。

スポンサードリンク